海外の人たちから見た日本の求人

日本人が海外に住みたい、海外の文化や言語に触れたい、などという理由から海外の求人を探す人人がいるように、海外にも「日本に住んでみたい」、「日本語や日本の文化に触れたい」、「日本のほうが同じ職種でも賃金が高い」などの理由から日本で求人を探す人も多いです。
海外の人たちに向けた日本の求人の多くは、外国語学校の講師や、外国語料理の店員、料理人など、海外の文化を日本に伝える仕事の求人が多いです。
また、近年では介護職員や看護師など、慢性的な人材不足に悩んでいる職種も海外からの求職者が増えています。
私自身介護職で10年仕事をしてきましたが、介護というのは人と人とのコミュニケーションが非常に大切な仕事なので、言葉が非常に大切になってきます。
ほかの職種でも、日本人のお客や店員、生徒などとコミュニケーションを図らなければ仕事はできないので、海外から日本の求人を求めて来日する場合には、まずは言葉を覚える必要がありそうです。
今は介護職員として採用された海外労働者でも介護福祉士の試験を受験したりなどする人も増えました。
日本から海外の求人を探す場合にはないのですが、海外から日本の求人を探す場合に多いのが日本の職場の賃金の高さです。
海外での家族の生活を支えるために、単身で日本に来て求人を探す人も多いようです。
日本から海外へ、海外から日本へ。
言葉や文化の壁を乗り越えて勤務するのは大変なことですが、それだけやりがいのある仕事ともいえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です