麻酔の仕事

現在の医師免許の種類は、医師免許と歯科医師免許の二つだけで、通常の医師免許を取得すれば、精神科医から外科医に変更することも特別に、新たな免許の取得は必要ありません。
しかし、麻酔科は、患者の命の危険性が高いことから、医師免許取得後に麻酔科専門の認定試験と研修を終了しなければ、なりません。
そう言う意味では、高度な外科手術を行う外科医よりも更にハードルが高く、より研修期間が長くなりますが、実際の医療現場では、やはり手術を施す外科医のほうが注目を浴びてしまいます。
その為、現在医師の中でも特に麻酔科医の不足は叫ばれており、麻酔科医の人材不足はとても深刻な問題です。
病因に麻酔科医がいなければ、いくら優秀な外科医でも、安心して手術を行うことはできません。
麻酔科の仕事は、外科医と同様にとても需要で、外科医の手術の施術中、呼吸や血圧など各種計器を監視して、麻酔で物を伝えられない患者に代わって、患者の容態の変化を医師に伝える重要な役割を担っております。
その為、業務として働くには、とてもやりがいがあり、魅力のある仕事です。
しかし、外科医は各種専門で施術を行いますが、麻酔医は全ての手術を担当しなければならず、その為、労働条件はとても過酷で、厳しいスケジュールが報告されています。
また、麻酔科医は、女性の医師の数が全体の18%に対し、麻酔科医の女性の比率は33%と比較的女性が目指すケースも多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です